何通りかのコースが考えられます

何通りかのコースが考えられます。育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、夕方までの時間帯のみ働けたり、休みの日が多い職場で働いたりすることが見つかると良いですね。

育児の大変なときのみ看護師をやめるという人もかなりいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、看護師の資格を利用できる別の仕事を探したほうが良いでしょう。




看護師の資格を得るためには、何通りかのコースが考えられます。

看護師免許を取るためには、国家試験受験の必要があるのですが、突然、試験を受けることは認められていません。試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護を学ぶという条件があります。




やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあると印象が悪くなるかというと、必ずそうだとは言うことができません。自己PRの方法を工夫すれば、経験が豊かで意欲があるといったイメージを与えられるかもしれません。

けれども、働いている年数があまりにも短いと、採用後、すぐやめると思ってしまう場合もあるでしょう。

看護師の勤めているところといえば、病院と想像するのが普通でしょう。

しかし、看護師の資格を使える職場は、病院だけでなく色々とあります。

保健所で、保健師の方と協力して、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の職務です。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック